2017年10月9日月曜日

『ディテール・イン・タイポグラフィ』ヨースト・ホフリ

 現代企画室。『Detail in typography』Jost Hochuli。麥倉聖子 監修、山崎秀貴 訳。副題「読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方」。
 文字、字間、単語、単語間、行、行間、コラムといった、マイクロ・タイポグラフィとかディテール・タイポグラフィと呼ばれるものを対象に、基礎知識と考え方が書かれた本。組まれた文章が読みやすいとはどういうことなのかを、タイポグラフィの視点から説明している。内容は全然難しくなくて、ごく基礎的なことしか書かれていないけれど、つい気が回らずに読みづらい組版にしてしまいがちではあるのだろうから、基礎の確認のために読んでみてもいいかもしれない。70ページに満たない薄い本です。

0 件のコメント:

コメントを投稿