2017年11月26日日曜日

『マイケル・ヘッジス アコースティック・ギターの革新者』南澤 大介

 リットーミュージック。
 マイケル・ヘッジス(Michael Hedges)は私の好きなギタリストベスト3に入るミュージシャンだが、これまで手に入る楽譜集としては本人らの監修による『Rhythm, Sonority, Silence』(7曲収録、英語)くらいしかなかった。それが今回、日本語で、押尾コータローのスコアの採譜や『ソロ・ギターのしらべ』シリーズでも知られる南澤大介によって、楽譜集が刊行された。わずか43歳という若さでこの世を去ったヘッジスの生い立ちや音楽の話、奏法の解説に加えて、9曲のスコアが掲載されている。前著と重なる曲も2曲あるけれど、解説が詳しいのでうれしい。収録されている曲は以下の通り。

  • The Happy Couple
  • Baby Toes
  • Peg Leg Speed King
  • Eleven Small Roaches
  • Silent Anticipations
  • Aerial Boundaries
  • Hot Type
  • Ragamuffin
  • Two Days Old
 マイケル・ヘッジスの登場以降、アコースティックギター・シーンは明らかな進化を遂げ、ヘッジス・フォロワーと呼ばれるギタリストも数多く誕生した。私のブログで取り上げているギタリストの中にも、彼の影響を受けた人は多い。彼のテクニックは確かにすごいのだけれど、それ以上にその音楽性を知ってもらいたい。そんな彼の曲を自分の手で弾ける手助けをしてくれる本書の刊行は、素直にうれしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿