2017年11月5日日曜日

『デジタルイラストの「服装」描き方事典』スタジオ・ハードデラックス

 SBクリエイティブ。副題「キャラクターを着飾る衣服の秘訣45」。
 私が人物を描こうとすると、つい上はトレーナーかシャツ、下はジーンズかスカートとなってしまうので、服装の幅を広げる参考としてこの本を買った。「デジタルイラストの」と書かれているけれど、そこのところはどうでもよかった。中身を見てみても、デジタルに限定して書かれているわけではないし。
 トップス、アウター、ボトムス、オールインワン、アンダーウェア/インナー、シューズ/バッグ、学生服、スーツ/礼服について、どんな種類があって、どういう構造になっていて、どうやって描いたらいいのかが載っている。コートひとつ、スカートひとつをとっても、こんなに種類があるんだ、と思いながら読んだ。街を歩いている人の服装は限りなくバラエティに富んでいるはずなのに、意外と見ていない。こうやって対象を分類してまとめられていると、わかりやすくなるんだなと思った。私には役に立ちそうな本だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿