2017年11月11日土曜日

『The Bluebird of Happiness』Lotte Kestner

 2013年。ロッテ・ケストナー。
 2013年盤と、『Ties That Bind』を1曲追加した2017年盤がある。ロッテ・ケストナーは、トレスパッサーズ・ウィリアム(Trespassers William)のヴォーカリストだったアンナ・リン・ウィリアムズ(Anna-Lynne Williams)のソロ・プロジェクト。ほとんどの曲はギターかピアノのシンプルな伴奏で、時折ストリングスやパーカッションが入る。そしてそれらをバックに、彼女のささやくような、細いながらも芯のある淡々とした歌声がメロディーを奏でてゆく。とてもゆったりとしていて静かな音楽に癒やされる。最近疲れていることが多い自分にはぴったりのアルバムだ。7曲目の『Halo』は、もしかするとビヨンセの曲かもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿