2018年1月14日日曜日

『デジタルイラストの「塗り」事典』NextCreator編集部

 SB Creative。副題「CLIP STUDIO PAINT PROで描く! 多彩な描画のテクニック56」。
 11人の絵師による、デジタルイラストの「塗り」の方法を解説した本。掲載されている「塗り」は、アニメ塗り、ブラシ塗り、水彩塗り、厚塗り、発光塗り、ギャルゲ塗り、透明水彩塗り、アナログ風塗り、和風塗り、配色、エフェクトの11種類。それぞれ一人のイラストレーターが担当している。背景の描き方については触れていなくて、すべて人物を描くことに特化している。
 アナログの絵ばかりを描いてきた私にとっては、デジタルで絵を描くといってもどこからどう手をつけていいのかよくわからない。例えばアナログ風塗りといったって、この本で説明しているように、ふつうのアナログで絵を描くのとは全然考え方が変わってくる(できあがりは同じように見えたとしても)。目の描き方や服の描き方なども丁寧に順を追って説明されているので、初心者にとってはとてもありがたい。個人的には、ブラシ塗り、水彩塗り、透明水彩塗り、アナログ風塗り、和風塗りを試してみたい気に駆られた。私にとってはとても参考になった。

0 件のコメント:

コメントを投稿