2018年2月24日土曜日

『京都、二年坂にて』

 久しぶりの切り絵。京都の清水寺から産寧坂を下って、二年坂に入ってすぐ右側にある建物です。昨年京都に行ってからずっと切り絵にしたかった風景です。
 切り絵は白黒だけの表現方法ですが、写真を単純に白黒に2値化しただけでは絵にならないので、細部は実際のものとはかなり変えています。また、私の切り絵は最近はやっている繊細で細かいものではなく、昔からよくある武骨な部類に入るのだと思います。切り絵との出会いが小学校の時の滝平二郎だったからなのかもしれません。
 古都と切り絵は相性がいいような気がする。

0 件のコメント:

コメントを投稿