2018年5月20日日曜日

『Solo』Nils Frahm

 2015年。ニルス・フラームによるピアノアルバム。
 このアルバムは、高さ3.7メートルもの高さのあるKlavins M370というアップライトピアノを使って録音されている。音はやわらかく深みがあって、ややもの悲しい雰囲気も感じられる。ギターで言えばギブソンのアコギのような印象に少し近い。すべての楽曲が即興によるもので、わりとシンプルで静かなものが多い。前半はそうやって流して聴けるような曲の構成になっているけれど、後半は、ピアノらしからぬ音を奏でる(なんだかストリングスのような)『Wall』みないた激しさのある曲や、低音の響きが印象的な『Immerse!』、ドラマチックな『Four Hands』のような曲も入っている。オーヴァーダビングしているように聞こえるものもあるけれど、すべて一発録りだという。
 実は本作はチャリティ・アルバムでもあって、彼の友人のピアノ職人David Klavinsが作ろうとしている高さ4.5メートルのピアノKlavins M450(このアルバムで使用されているKlavins M370のさらに大きい版)製作のための資金調達のための作品でもある。彼は毎年の88番目(ピアノの鍵盤数が88)にあたる日を「Piano Day」とすることを宣言して、このピアノソロアル バムを急遽リリースしたのだという。ちなみにWorld Piano Newsによると、プロジェクト発足から3年が経った2018年初めに、Klavins M450は完成した模様。リンク先に写真が掲載されているけれど、ピアノとは思えない壮大な形をしている。

0 件のコメント:

コメントを投稿