2018年7月27日金曜日

『If All the Young Ladies』Shannon Quinn

 2015年。
 シャノン・クインのセカンドアルバム。彼女はカナダのフォークミュージシャンで、主にケルティック系のフォークを歌っている。ヴォーカルのほかフィドルも担当していて、味のある音色を響かせる。本作にはフィドルメインのインストゥルメンタルも数曲入っていて、その音も存分に楽しませてくれる。ほんのちょっぴりブルーグラスっぽい雰囲気を持つものもあるかな。彼女のちょっとハスキーがかった歌声も、自然で親しみやすい雰囲気があっていい。なんだか懐かしい感じがしてほっとする。ギターの音もなかなかいい味を醸しているんだけど、これを弾いているのは他のギタリストだ。オリジナル曲はあんまりない感じ。でもアルバム全体は統一感があって、とても聴きやすい。彼女のアルバムは初めて手にしたけれど、気に入った。

0 件のコメント:

コメントを投稿