2019年1月3日木曜日

『女子文字』小鳥山いん子

 エムディエヌコーポレーション。副題「カワイイ手描き文字デザインブック」。
 小鳥山いん子はイラストレーターであり、ニット作家。彼女の書いたオリジナル文字を49種類掲載している。文字種は英文大文字小文字に数字。フォント集というよりは、アイデア集みたいな感じ。メルヘン文字、音符文字、マスキングテープ文字、ネコ文字、寿司文字、大正ロマン文字、サスペンス文字、ヘビメタ文字など、多様な文字例がたくさん載っている。始めのところには影のつけ方とか袋文字の書き方とか立体感のつけ方とか、基本的なアレンジの方法をレッスンしている。また、最後にはフレームや吹き出しのアイデアも紹介している。
 こういう文字は結局発想力勝負で、慣れてしまうとどんな突飛なアイデアであっても文字にできてしまうのだろうと思う。ただ、やはりその発想を形にする訓練というのはとても大切で、ここを乗り越えるのは大変だけれど、そこをクリアできれば、あとは自由に書けるようになるような気がする。この本はそのアイデアを形にする参考書とみるといいのではないかと思う。私は発想の転換にとても役に立った。今後いろいろと書いてみたい。
 ちなみに、2019年3月31日まで、この本に載っている20書体をフォント化したものが「mojimo-joshi」としてフォントワークスから購入することができます。買い切りで2000円は安いのではないかと。私はこのフォントパックと本書のバンドルを購入しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿